amazon




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--



織田信福(明治維新後で20歳ごろ)



 一時あちらこちらで話題になった昔のイケメンの肖像写真です。この写真を始めて見た時の私の衝撃は小さくありませんでした。私は最初、渋谷の若者に着物を着せて撮影した写真を、フォトショップで古色加工して作った広告写真に違いないと思ったほどです。それにしても135年ほど昔の写真ですが、若者にとってのファッションや自信が今も昔も変わらないことが非常に興味深いです。

 この若者は織田信福という人物で、万延元年(1860)に土佐宿毛の武士の家庭に生まれました。そして成長してからは、高知城下の名医山崎立生らが立てた医学校「鼎立義塾」の門下生になりました。しかし師匠山崎立生が明治14年(1881)に病死したため、進路を失った織田信福は一時期放蕩に陥りました。その時、信福の母は先祖伝来の短刀を持ち出して自害を迫ったそうです。困惑した信福は横に座っていた山崎立生の次女竹(慶応2年(1866)生まれ)に取り成して貰おうと思ったところ、「母は私が養いますから、後の事は心配しなさるな」と意外な対応だったそうです。この返答に閉口した信福は改心発奮して明治15年(1882年)に上京し、明治18年(1885)に「歯科医術開業試験及第之証」を取得して帰郷し、歯科医院を開業しました。そして、教師として城下の小学校で教えていた竹と結婚しました。25歳ごろのことです。

 そのころ織田信福は極端な民権活動家としても動き出しました。診療室で爆弾を製造中に失敗して天井を打ち抜き大やけどをしたり、明治20年の「三大事件建白運動」では手製の爆弾をもって上京したものの、突然の保安条例によって東京から追われる身となりました。政府高官に投げつける予定だった爆弾は、帰途の船上から琵琶湖に捨てたそうです。ちなみに妻の竹も父親や夫などの影響で女権拡張運動活動家になりました。その後、織田信福は高知市議会議長、県議会議員となりました。夫婦は共にキリスト教信者で、竹は明治41年(1908)に42歳で病死、織田信福は大正15年(1926)に永眠しました。織田医院は現在も高知市で続いています。


リンク:

織田歯科医院

社会運動に生きた女性たち



amazon







関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 歴史    ジャンル : 学問・文化・芸術
 2015_12_16


Category: ホーム > 写真集   Tags: 写真  日本    自然  


【自作写真:Panoramioに投稿した自作写真 / 撮影機材:Nikon D90】
(写真の右端をクリックすると、次の写真を見られます。中央をクリックすると大きなスライド写真で見られます。)


 自作写真をタグでまとめた写真集です。今回のタグは「湖」です。



amazon






関連記事
テーマ : 山登り    ジャンル : 趣味・実用
 2014_08_03


動物

Category: ホーム > 写真集   Tags: 写真  動物  日本  自然  


【自作写真:Panoramioに投稿した自作写真 / 撮影機材:Nikon D90】
(写真の右端をクリックすると、次の写真を見られます。中央をクリックすると大きなスライド写真で見られます。)


 自作写真をタグでまとめた写真集です。今回のタグは「動物」です。



amazon







関連記事
テーマ : 動物の写真    ジャンル : 写真
 2014_05_07



長州奇兵隊の隊士(懐中時計!)


長州奇兵隊の隊士(結成は文久3年/1863年)


幕府軍の士官と兵士(後ろに烏帽子の人!)


薩摩藩兵(洋傘にボーダー柄くつ下)


薩摩軍将校


薩摩藩兵(チェック柄のシャツ!)


ビールを注ぐ兄と受ける弟(立石斧次郎)


上野彦馬によるマスケットと刀を持つ侍


幕府歩兵の調練風景(大坂城内・慶応元年 / 1865年)


幕府陸軍(1866年)


渋沢栄一(パリ万博使節団の随行員として出発する直前・慶応2年 / 1866年)


渋沢栄一(ヨーロッパ滞在中で、上の写真の一年後・慶応3年 / 1867年)


スラミルフ軍曹指導による長崎オランダ公使館護衛兵の訓練(文久3年 / 1863年)


長崎オランダ公使館護衛兵


幕府税関官吏


警視隊


熊本鎮台の指揮官及び幕僚


官軍各旅団の指揮官



 幕末維新が、戦装束についても大変革期であったことは知識として分かっていますが、実際に写真で見ていると、改めてその変化の大きさを再認識させられます。装備の軽装化が進み、さすがに甲冑姿は見当たりません。しかし、シャツ、ズボン、髷、ピストル、わらじ、笠、ジャケット、着物、コート、草履、小銃、ハット、ベルト、陣羽織、靴下、日本刀、革靴、烏帽子、懐中時計、ブーツ、袴…見事に混在しています。何とも言えない独特の味が醸し出されていて、ぐっと来るものがあります。

 この写真に写っている人達は過去の中へと既に消え去った人々ですが、その時代の変化を強烈に感じたのは間違いなく彼ら自身であったはずです。我々が生きる日本社会が、当時から現代まで不連続で続く、同じ場所に位置する同じ国家であることを強く意識させられました。やはり私は日本人だったのです。


リンク:

ウィキペディア(奇兵隊)

BS歴史館 予習 奇兵隊について

高杉晋作像-大歳神社

維新の嵐1999-諸隊

ウィキペディア(戊辰戦争)

官軍のお先棒をかついだ男たち

ウィキペディア(幕府陸軍)

さざれ石-渋沢栄一

ウィキペディア(西南戦争)

南蛮館-トーマス・グラバー



amazon








関連記事
テーマ : 歴史    ジャンル : 学問・文化・芸術
 2014_03_31




06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

welcomecats7

welcomecats7
私は大きくて豊かな自然に憧れまして十数年前に北海道に移住致しました。好きなスポーツは山登りでございます。体内から悪いものが出て心身ともにスッキリする感じが大変心地良いのでございます。 趣味である写真はカメラ・スタビライザー(自作)を用いて撮影しました北海道の山登りの動画がメインでございます。私はこの北海道の豊かな自然がいつまでも大切に守られて行くことを強く願っております。

検索フォーム

カウンター

amazon




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。