amazon





【自作動画:YouTubeに投稿した自作動画 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2013年6月20日】

 北海道の「樽前山(たるまえさん)」に登ってきました。この山は札幌から直線で南へ約42kmで支笏湖の南東に位置し、苫小牧市と千歳市にまたがる活火山です。標高は1,041mで「支笏洞爺国立公園」に属しています。「風不死岳」、「恵庭岳」とともに支笏三山の一つです。今回は「樽前山7合目ヒュッテ前(東山コース)登山口」から「外輪取付(東山分岐)」に登り、そこから外輪山を時計回りに一周しました。


【3D地図で表示:FirefoxブラウザでないとGoogleEarthプラグインがうまくインストールできないようです。】



 南北約1.2㎞、東西約1.5㎞の広大な火口原の中央には最大直径約450m、高さ約130mの巨大な溶岩ドームがあります。この溶岩ドームを「樽前山神社奥宮」から見ると、物凄い亀裂やもうもうと立ち上がる煙が圧巻です。また、西側火口原から見ると、黒く巨大な蟹の怪物のようにも見えました。あらためて北海道の大自然を体感できる興味深い一日になりました。「外輪取付(東山分岐)」までは、火山灰質の斜面にさえ注意すれば危険な箇所は有りません。森林限界を超えると視界を遮る物が全く無く、広大な国有林を見下ろしながらザレ場の高度を上げて行くだけです。外輪では火山ガスと霧による迷子とに気をつければ、家族連れや初心者でも気軽に登って一周することができるお勧めの山です。

 樽前山は7合目までは車で行けます。ただし、7合目の駐車場が満車の場合は5合目ゲートが閉まり、その手前の車道脇に邪魔にならないように駐車して、そこから登る覚悟が必要です。特に土・日・祝日は、午前中を中心に駐車場がかなり混み合うようです。なお、冬期は「道道141号線」と「市道樽前観光道路」が通行止めですのでこちらでご確認下さい。

 この登山口にある「樽前山7合目ヒュッテ」は、苫小牧市の管理です。市のホームページによると、『樽前山の良さを保ち、その良さを多くの人に知っていただく為に建てられました。通年管理人が常駐していますが、自然保護・防災・緊急避難的要素が高い施設である為、通常時の宿泊は受け付けていません。』とのことです。あくまで緊急避難小屋で、通常の宿泊は受け付けていません。なお、この登山口には水場が有りませんのでご注意下さい。トイレは駐車場奥にあります。樽前山の最高地点は溶岩ドーム上にありますが、現在は外輪山から内側の火口原への立ち入りが禁止となっており、外輪山のピークである「東山」が事実上の頂上となっています。この火山には、複数の機関による地震計・傾斜計・空振計・GPS・遠望カメラなどの観測装置が、「西山」ピークをはじめとして各所に設置されており、火山活動の常時監視・観測が行われています。

 ところで、支笏三山の中心にある支笏湖は長径13km、短径5kmのマユ型をした湖です。最大深度は約360mで、日本最北の不凍湖です。太古にはここに巨大な火山があって、それが大爆発を起こして陥没し、巨大な円形のクレーターを形成しました。そして、そこに淡水が溜まってクレーター湖が出来ました。その後、この湖を含む一直線の構造線上に「風不死岳」、「恵庭岳」、「樽前山」の順で支笏三山が生まれました。三山の中では「風不死岳」が最も古い山ということになります。円形だったクレーター湖は「風不死岳」と「恵庭岳」の誕生によってマユ型に変形し、現在の支笏湖の元になりました。余談ですが、「932m峰」は「樽前山」のピーク「東山」に対応して「北山」とも呼ばれることもありますが、実は「樽前山」より前に形成された独立した山体だそうです。



【自作写真:Panoramioに投稿した自作写真 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2013年6月20日】
(写真の右端をクリックすると、次の写真を見られます。中央をクリックすると大きなスライド写真で見られます。)



リンク:

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/userinfo-19924-data.html
「山行記録」
 (ヤマレコに投稿した自作山行記録です。)

http://www.env.go.jp/park/shikotsu/index.html
 環境省 「支笏洞爺国立公園」

http://www.env.go.jp/park/shikotsu/intro/files/area_1.pdf
環境省 「支笏洞爺国立公園(支笏・定山渓・登別)区域図」
(PDFファイル2.18MBです。)

http://www.env.go.jp/park/shikotsu/intro/files/area_2.pdf
環境省 「支笏洞爺国立公園(羊蹄山・洞爺湖)区域図」
(PDFファイル1.25MBです。)

http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/shogyokanko/kanko/spot_nature_mt.tarumae.htm
苫小牧市 「樽前山」

http://vivaweb2.bosai.go.jp/v-hazard/L_read/12tarumaesan/12taru_1m06-L.pdf
樽前山環境防災副読本 中学生版 「たるまえ山楽学」

http://www.seisvol.kishou.go.jp/vo/32.php
気象庁 「火山カメラ画像」

http://www15.ocn.ne.jp/~sikotuvc/
支笏湖ビジターセンター

http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/koho/koho_net/gss-blog/index.html
北海道森林管理局 「森林保護最前線!グリーン・サポート・スタッフBLOG」
 (森林保護員が発信する活動日誌です。)

http://www2.shogo.com/yoshikatsu/sangakunyusu/sangakunyu-su.htm
「北海道の山岳ニュース」
 (個人サイトです。北海道内の山岳関連のニュースをまとめておられます。)

http://www.police.pref.hokkaido.lg.jp/info/chiiki/sangaku/sangaku-top.html
北海道警察 「安全登山情報」
 (道内の山岳遭難発生状況の統計などがあります。)




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 山登り    ジャンル : 趣味・実用
 2013_06_20



【自作動画:YouTubeに投稿した自作動画 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2012年8月21日】


 北海道の「空沼岳(そらぬまだけ)」に登ってきました。去年の早春に中腹の「真簾沼(まみすぬま)」までしか登らなかったので、今回は頂上を目的地としました。「空沼岳」は「支笏洞爺国立公園」の中にある標高1,250.8mの山です。空沼岳登山口は、日鉄鉱業(株)常盤採石所の敷地内を通り抜ける形で、その奥の細い橋を渡り、更にその奥にあります。初めての人には分かりにくいかも知れません。また、ブルドーザーや超大型ダンプトラックが動き回っているので、充分な注意が必要です。

 さて、先ずは「万計沼(ばんけいぬま)」まで登り、去年は見なかった「空沼小屋(秩父宮ヒュッテ)」を見に行きました。この山荘は現在、一般の方の利用は出来ません。ここは、1928年2月に北海道視察で来道した秩父宮様(昭和天皇の弟君)のヒュッテ建設のご希望により、同年に建設されました。北海道大学関係者が工事を司り場所を選定し、そしてプラン作成をスイス人建築家マックス・ヒンデルが担当し、ほぼヒンデルの原案どおりに同年の12月10日に完成されました。




 小屋が建てられた大正末~昭和初期は、北海道を中心として全国で空前のスキーブームが起きた時代でした。つまりこの小屋はスキー目的の拠点として立てられたと考えられます。雑誌「山とスキー」が札幌で発刊され、全国のスキー愛好家に購読されたのも、やはりこのころからです。高松宮様(昭和天皇の2番目の弟君)が1929年1月22日~25日までヒュッテに宿泊し、「空沼小屋」と命名されました。1930年2月からは一般解放され、戦後の1947年2月に北海道大学への寄贈となりました。

 80年の時を経た小屋は傾き、2006年10月に一般宿泊者の使用は禁止されて現在に至っています。2007年9月には、土台腐朽部分の補強と傾きの矯正の応急処置が、大学関係者らのボランティアによって実施されています。2009年には、北海道大学内外の有志の集まりである「空沼小屋の保存を考える会」が発足し、修復・保存のための活動を開始しました。空沼小屋の保存価値については、『①積雪寒冷地に位置する北海道大学の特徴ある施設である。②宮家と関係の深い山小屋である。③北海道の近代建築史上において著名なスイス人建築家マックス・ヒンデル(1887-1963)の貴重な作品である。④北海道における戦前期のログ工法の数少ない実施例である。⑤札幌市民に長年親しまれてきた建築である。』だそうです。実際に見てみると、外壁の下方は黒く焼け焦げているように見えました。防腐・防虫・防水の処理なのでしょうか。

 「空沼小屋」を後にして、避難小屋「万計山荘」の前を通り、「真簾沼」まで到着。「真簾沼」の水量は前回の春先の時季より少なく、手を入れてみると生ぬるい状態でした。やはり雪解け水が豊富な時季の方が、神秘的な美しさがあるように感じました。その後、淡々とした登りで頂上に到着。この日は晴れていましたが、「支笏湖」方面は雲に隠れて見ることが出来ませんでした。また、湿度が高いせいか「羊蹄山」も霞んでいました。

 岩に座って食事をしていると、すぐ横を茶色い塊が動きました。見るとエゾシマリスでした。私は普通、このような場合に野生動物に餌をやらない主義ですが、恥ずかしながら今回は彼の営業力に負けてしまいました。カ○リーメイトのクズを人差し指の先に乗せて差し出すと、両手でしっかりと私の指をつかみ、モグモグモグモグしていました。ここのエゾシマリスは結構有名なようで、後日、山友のU嬢に話したところ、やはり昔登った時に現れたと言っていました。なお、下山時に青沼に立ち寄って見ましたが、そこは静かな沼で巨大なミズバショウの葉があちこち生えていて、カモ達がのんびり泳いでいました。



【自作写真:Panoramioに投稿した自作写真 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2012年8月21日】
(写真の右端をクリックすると、次の写真を見られます。中央をクリックすると大きなスライド写真で見られます。)



リンク:

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/userinfo-19924-data.html
「山行記録」
 (ヤマレコに投稿した自作山行記録です。)

http://www.env.go.jp/park/shikotsu/index.html
 環境省 「支笏洞爺国立公園」

http://www.env.go.jp/park/shikotsu/intro/files/area_1.pdf
環境省 「支笏洞爺国立公園(支笏・定山渓・登別)区域図」
(pdfファイルです)

http://www.env.go.jp/park/shikotsu/intro/files/area_2.pdf
環境省 「支笏洞爺国立公園(羊蹄山・洞爺湖)区域図」
(pdfファイルです)

http://aach.ees.hokudai.ac.jp/xc/modules/Doc/soranuma/
北海道大学山岳部・山の会 「空沼小屋保存計画」

http://web.thn.jp/houchigaku/soranuma-huette/
株式会社 法地学研究所 「空沼小屋の修復」

http://soranuma.web.fc2.com/
万計山荘友の会

http://www.yamatoilet.jp/
山のトイレを考える会

http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/koho/koho_net/gss-blog/index.html
北海道森林管理局 「森林保護最前線!グリーン・サポート・スタッフBLOG」
 (森林保護員が発信する活動日誌です。)

http://www2.shogo.com/yoshikatsu/sangakunyusu/sangakunyu-su.htm
「北海道の山岳ニュース」 
(個人サイトです。北海道内の山岳関連のニュースをまとめておられます。)

http://www.police.pref.hokkaido.lg.jp/info/chiiki/sangaku/sangaku-top.html
北海道警察 「安全登山情報」
 (道内の山岳遭難発生状況の統計などがあります。)




関連記事
テーマ : 山登り    ジャンル : 趣味・実用
 2012_08_21



【自作動画:YouTubeに投稿した自作動画 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2012年7月19日】


 北海道の「風不死岳(ふっぷしだけ)」に、樽前山7合目登山口から始まる「北東お花畑コース」から登ってきました。「風不死岳」は支笏湖の南東に位置する千歳市の山です。標高は1、102.4mで「支笏洞爺国立公園」に属しています。「樽前山」、「恵庭岳」とともに支笏三山の一つです。

 車によるアクセスは、支笏湖の東にある国道276号から道道141号に入り、3.7kmほど行った所にある樽前山5合目ゲート(上の動画の中で一時停車したゲート)から砂利道を経て、樽前山7合目駐車場に至ります。ただし、7合目の駐車場が満車の場合は5合目ゲートが閉まり、その手前の車道脇に邪魔にならないように駐車し、そこから歩く覚悟が必要です。今回は7合目駐車場に着くとほぼ満車で、「樽前山7合目ヒュッテ」管理人の太田さんが空きスペースに誘導して下さいました。




 この登山口にある「樽前山7合目ヒュッテ」は、苫小牧市の管理です。市のホームページによると、『樽前山の良さを保ち、その良さを多くの人に知っていただく為に建てられました。通年管理人が常駐していますが、自然保護・防災・緊急避難的要素が高い施設である為、通常時の宿泊は受け付けていません。南側には登山者用の駐車場があります。駐車場が満車になった場合は、安全確保のため5合目でゲートを閉めて交通規制を行っています。』とのことです。あくまで緊急避難小屋で、通常の宿泊は受け付けていません。ここ樽前山7合目登山口には水場は有りませんのでご注意下さい。トイレは駐車場奥にあります。

 932m峰及び風不死岳方向の「北東お花畑コース」登山道入り口は、「樽前山7号目ヒュッテ」の真向かいにあり、登山ポストはヒュッテ前に置かれています。コース前半は樽前山の砂礫の裾野を歩きます。この辺りからは、国有林の樹海と支笏湖の半分を遠望すことが出来ます。季節にはイワブクロ(タルマイソウ)が沢山咲いています。932m峰方向と風不死岳方向との分岐を右へ進み、そしてコース後半はいよいよ「風不死岳」へ掛かります。それまでとは違う緑のある道になり、「風不死岳登山口」の看板から先は樹林帯に入ります。そしていくつかのコブやピークを経て風不死岳の頂上に至ります。鎖場が数箇所ありますので、錆で手が汚れたり滑らないように手袋があると良いでしょう。頂上一つ手前の「偽ピーク」からは、隣の樽前山の巨大な溶岩ドームがよく見えます。双眼鏡があると面白いでしょう。

 到着した風不死岳の頂上からは、支笏湖の全体を俯瞰することが出来ます。支笏湖対岸にある恵庭岳の第2見晴台(現在の事実上の恵庭岳頂上)に登ったときは、支笏湖の全体を見渡すことが出来ませんでした。しかし、風不死岳の頂上からは支笏湖をはじめ、恵庭岳、札幌市街、恵庭市街、千歳市街、広大な国有林の樹海、苫小牧市街、樽前山、羊蹄山など360°の眺望が得られます。ここで過ごす時間は清清しいすばらしいものでした。

 ところで、支笏三山の中心にある支笏湖は長径13km、短径5kmのマユ型をした湖です。最大深度は約360mで、日本最北の不凍湖です。太古にはここに巨大な火山があって、それが大爆発を起こして陥没し、巨大な円形のクレーターを形成しました。そして、そこに淡水が溜まってクレーター湖が出来ました。その後、この湖を含む一直線の構造線上に「風不死岳」、「恵庭岳」、「樽前山」の順で支笏三山が生まれました。三山の中では「風不死岳」が最も古い山ということになります。円形だったクレーター湖は「風不死岳」と「恵庭岳」の誕生によってマユ型に変形し、現在の支笏湖の元になりました。余談ですが、「932m峰」は「樽前山」のピーク「東山」に対応して「北山」とも呼ばれることもありますが、実は「樽前山」より前に形成された独立した山体だそうです。



【自作写真:Panoramioに投稿した自作写真 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2012年7月19日】
(写真の右端をクリックすると、次の写真を見られます。中央をクリックすると大きなスライド写真で見られます。)



リンク:

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/userinfo-19924-data.html
「山行記録」
 (ヤマレコに投稿した自作山行記録です。)

http://www.env.go.jp/park/shikotsu/index.html
 環境省 「支笏洞爺国立公園」

http://www.env.go.jp/park/shikotsu/intro/files/area_1.pdf
環境省 「支笏洞爺国立公園(支笏・定山渓・登別)区域図」
(PDFファイル2.18MBです。)

http://www.env.go.jp/park/shikotsu/intro/files/area_2.pdf
環境省 「支笏洞爺国立公園(羊蹄山・洞爺湖)区域図」
(PDFファイル1.25MBです。)

http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/shogyokanko/kanko/spot_nature_mt.tarumae.htm
苫小牧市 「樽前山」

http://vivaweb2.bosai.go.jp/v-hazard/L_read/12tarumaesan/12taru_1m06-L.pdf
樽前山環境防災副読本 中学生版 「たるまえ山楽学」

http://www15.ocn.ne.jp/~sikotuvc/
支笏湖ビジターセンター

http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/koho/koho_net/gss-blog/index.html
北海道森林管理局 「森林保護最前線!グリーン・サポート・スタッフBLOG」
 (森林保護員が発信する活動日誌です。)

http://www2.shogo.com/yoshikatsu/sangakunyusu/sangakunyu-su.htm
「北海道の山岳ニュース」
 (個人サイトです。北海道内の山岳関連のニュースをまとめておられます。)

http://www.police.pref.hokkaido.lg.jp/info/chiiki/sangaku/sangaku-top.html
北海道警察 「安全登山情報」
 (道内の山岳遭難発生状況の統計などがあります。)




関連記事
テーマ : 山登り    ジャンル : 趣味・実用
 2012_07_19



【自作動画:YouTubeに投稿した自作動画 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2012年7月18日】


 北海道の札幌市南区にある「神威岳(かむいだけ)」(標高983m)に登ってきました。この山は辛うじて 「支笏洞爺国立公園」の区域内にあります。国道230号線からは、緑の山の頂上から岩峰が盛り上がったような姿に見えます。この山へは国道230号線沿いの百松橋から百松沢林道に入ります。ちなみに、この橋は昭和30年に完成した古い橋で、複数台の車が連続運行することを禁止する注意書きがありました。この橋を渡ったところにある百松沢小屋で入林記録を記入します。ここから左へ入る林道(神威沢林道)がありますが、そちらは道が違います。「神威岳」へはこのまま直進した所にある土場を先ず車で目指します。到着した土場には一応トイレが有りますが、あまり使われた様子は有りませんでした。そこに車を駐車して、閉じたゲートをくぐって百松沢林道を歩きます。時期によってはブユが多いので、ネットや虫除けスプレーなどの対策があると快適です。




 しばらく歩くと「神威岳」の看板があり、林道をショートカットする小道を歩くことになります。小道はやがて再び林道(厳密にはこちらは烏帽子岳林道と言います)に出ますが、そこにある神威岳方向を示す道標が倒れてしまっていました。進行方向左へ続く林道が「神威岳」への道です。そして林道が行き着く辺りに登山口があります。登山道は特に厳しいところは有りませんが、途中ロープ場が数箇所あります。滑らない皮手袋などがあると良いかもしれません。やっと到着した頂上は、木や草で見通しが悪く、展望としてはやや物足りないものがありました。なお、頂上直前に隣の「烏帽子岳(えぼしだけ)」(標高1109.4m)への分岐が有ります。私は行きませんでしたが、もしかすると「烏帽子岳」の方が展望がもう少し良いのかも知れません。



【自作写真:Panoramioに投稿した自作写真 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2012年7月18日】
(写真の右端をクリックすると、次の写真を見られます。中央をクリックすると大きなスライド写真で見られます。)



リンク:

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/userinfo-19924-data.html
「山行記録」
 (ヤマレコに投稿した自作山行記録です。)

http://www.env.go.jp/park/shikotsu/index.html
 環境省 「支笏洞爺国立公園」

http://www.env.go.jp/park/shikotsu/intro/files/area_1.pdf
環境省 「支笏洞爺国立公園(支笏・定山渓・登別)区域図」
(PDFファイル2.18MBです。)

http://www.env.go.jp/park/shikotsu/intro/files/area_2.pdf
環境省 「支笏洞爺国立公園(羊蹄山・洞爺湖)区域図」
(PDFファイル1.25MBです。)

http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/koho/koho_net/gss-blog/index.html
北海道森林管理局 「森林保護最前線!グリーン・サポート・スタッフBLOG」
 (森林保護員が発信する活動日誌です。)

http://www2.shogo.com/yoshikatsu/sangakunyusu/sangakunyu-su.htm
「北海道の山岳ニュース」 
(個人サイトです。北海道内の山岳関連のニュースをまとめておられます。)

http://www.police.pref.hokkaido.lg.jp/info/chiiki/sangaku/sangaku-top.html
北海道警察 「安全登山情報」
 (道内の山岳遭難発生状況の統計などがあります。)




関連記事
テーマ : 山登り    ジャンル : 趣味・実用
 2012_07_18




08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

welcomecats7

welcomecats7
私は北海道の大きくて豊かな自然に魅せられて十数年前に移住をいたしました。性格は温和で色々なことに興味を持ちます。しかしタバコの匂いは大の苦手でございます。知らない所に出かけることが大好きで、ドライブ、観光、イベントなど色々と出掛けてまいります。温泉に入った後に美味しいものをいただいたり、家でノンビリDVDもまた良いですね。爽やかさを装いたいのにしばしばドジな展開をご披露申し上げます。生き物としてはネコが可愛くてたまりません。スポーツでは山登りが大好きです。山登りは苦労がありますが、後で心身ともにスッキリする感覚が大変心地良いのです。趣味はカメラ・スタビライザー(自作)を用いて山登りなどの動画を撮影することです。

検索フォーム

カウンター

amazon




PAGE
TOP.