amazon





【自作動画:YouTubeに投稿した自作動画 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2013年6月20日】

 北海道の「樽前山(たるまえさん)」に登ってきました。この山は札幌から直線で南へ約42kmで支笏湖の南東に位置し、苫小牧市と千歳市にまたがる活火山です。標高は1,041mで「支笏洞爺国立公園」に属しています。「風不死岳」、「恵庭岳」とともに支笏三山の一つです。今回は「樽前山7合目ヒュッテ前(東山コース)登山口」から「外輪取付(東山分岐)」に登り、そこから外輪山を時計回りに一周しました。


【3D地図で表示:FirefoxブラウザでないとGoogleEarthプラグインがうまくインストールできないようです。】



 南北約1.2㎞、東西約1.5㎞の広大な火口原の中央には最大直径約450m、高さ約130mの巨大な溶岩ドームがあります。この溶岩ドームを「樽前山神社奥宮」から見ると、物凄い亀裂やもうもうと立ち上がる煙が圧巻です。また、西側火口原から見ると、黒く巨大な蟹の怪物のようにも見えました。あらためて北海道の大自然を体感できる興味深い一日になりました。「外輪取付(東山分岐)」までは、火山灰質の斜面にさえ注意すれば危険な箇所は有りません。森林限界を超えると視界を遮る物が全く無く、広大な国有林を見下ろしながらザレ場の高度を上げて行くだけです。外輪では火山ガスと霧による迷子とに気をつければ、家族連れや初心者でも気軽に登って一周することができるお勧めの山です。

 樽前山は7合目までは車で行けます。ただし、7合目の駐車場が満車の場合は5合目ゲートが閉まり、その手前の車道脇に邪魔にならないように駐車して、そこから登る覚悟が必要です。特に土・日・祝日は、午前中を中心に駐車場がかなり混み合うようです。なお、冬期は「道道141号線」と「市道樽前観光道路」が通行止めですのでこちらでご確認下さい。

 この登山口にある「樽前山7合目ヒュッテ」は、苫小牧市の管理です。市のホームページによると、『樽前山の良さを保ち、その良さを多くの人に知っていただく為に建てられました。通年管理人が常駐していますが、自然保護・防災・緊急避難的要素が高い施設である為、通常時の宿泊は受け付けていません。』とのことです。あくまで緊急避難小屋で、通常の宿泊は受け付けていません。なお、この登山口には水場が有りませんのでご注意下さい。トイレは駐車場奥にあります。樽前山の最高地点は溶岩ドーム上にありますが、現在は外輪山から内側の火口原への立ち入りが禁止となっており、外輪山のピークである「東山」が事実上の頂上となっています。この火山には、複数の機関による地震計・傾斜計・空振計・GPS・遠望カメラなどの観測装置が、「西山」ピークをはじめとして各所に設置されており、火山活動の常時監視・観測が行われています。

 ところで、支笏三山の中心にある支笏湖は長径13km、短径5kmのマユ型をした湖です。最大深度は約360mで、日本最北の不凍湖です。太古にはここに巨大な火山があって、それが大爆発を起こして陥没し、巨大な円形のクレーターを形成しました。そして、そこに淡水が溜まってクレーター湖が出来ました。その後、この湖を含む一直線の構造線上に「風不死岳」、「恵庭岳」、「樽前山」の順で支笏三山が生まれました。三山の中では「風不死岳」が最も古い山ということになります。円形だったクレーター湖は「風不死岳」と「恵庭岳」の誕生によってマユ型に変形し、現在の支笏湖の元になりました。余談ですが、「932m峰」は「樽前山」のピーク「東山」に対応して「北山」とも呼ばれることもありますが、実は「樽前山」より前に形成された独立した山体だそうです。



【自作写真:Panoramioに投稿した自作写真 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2013年6月20日】
(写真の右端をクリックすると、次の写真を見られます。中央をクリックすると大きなスライド写真で見られます。)



リンク:

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/userinfo-19924-data.html
「山行記録」
 (ヤマレコに投稿した自作山行記録です。)

http://www.env.go.jp/park/shikotsu/index.html
 環境省 「支笏洞爺国立公園」

http://www.env.go.jp/park/shikotsu/intro/files/area_1.pdf
環境省 「支笏洞爺国立公園(支笏・定山渓・登別)区域図」
(PDFファイル2.18MBです。)

http://www.env.go.jp/park/shikotsu/intro/files/area_2.pdf
環境省 「支笏洞爺国立公園(羊蹄山・洞爺湖)区域図」
(PDFファイル1.25MBです。)

http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/shogyokanko/kanko/spot_nature_mt.tarumae.htm
苫小牧市 「樽前山」

http://vivaweb2.bosai.go.jp/v-hazard/L_read/12tarumaesan/12taru_1m06-L.pdf
樽前山環境防災副読本 中学生版 「たるまえ山楽学」

http://www.seisvol.kishou.go.jp/vo/32.php
気象庁 「火山カメラ画像」

http://www15.ocn.ne.jp/~sikotuvc/
支笏湖ビジターセンター

http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/koho/koho_net/gss-blog/index.html
北海道森林管理局 「森林保護最前線!グリーン・サポート・スタッフBLOG」
 (森林保護員が発信する活動日誌です。)

http://www2.shogo.com/yoshikatsu/sangakunyusu/sangakunyu-su.htm
「北海道の山岳ニュース」
 (個人サイトです。北海道内の山岳関連のニュースをまとめておられます。)

http://www.police.pref.hokkaido.lg.jp/info/chiiki/sangaku/sangaku-top.html
北海道警察 「安全登山情報」
 (道内の山岳遭難発生状況の統計などがあります。)




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 山登り    ジャンル : 趣味・実用
 2013_06_20



【自作動画:YouTubeに投稿した自作動画 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2011年10月13日】


 北海道の「恵庭岳」に「ポロピナイコース」登山口から登ってきました。「恵庭岳」は支笏湖の北西に位置し、千歳市と恵庭市にまたがる標高1,319.6mの活火山です。「支笏洞爺国立公園」に属しており、「樽前山」、「風不死岳」とともに支笏三山の一つです。特徴的な岩塔部を頂く山容は、札幌の自宅からもはっきり確認することが出来ます。この山の最高地点がある頂上岩塔部(溶岩ドーム)は平成15年9月26日の十勝沖地震の影響と見られる大規模な崩落で登山道がなくなりました。現在も数ヶ所に大きな亀裂が入っており、いつ崩壊するか分からない為に、八合目と九合目の間にある「第二見晴台」から先への登山が禁止されています。平成16年6月11日には、登山が禁止されている山頂付近で登山者がヘリコプターで救助される事件もありました。くれぐれも登山禁止区域には入らないようにとのことです。




 登山道は直登も多く、土石流で削られたような歩きにくいところもあります。一部には明らかに初心者向けでないところもあり、設置された登山補助用ロープも工事現場用標識ロープ(黒と黄色の樹脂製ロープで、本来は工事現場を仕切るために用いるもの。決して荷重をかける用途に使用してはなりません。)か、登山専用でも結び目がコケで緑色に変質している状態で、体重を預けるのではなく補助的に使用するにとどめたいものです。また、他の登山者による過失落石にも注意が必要です。なお、「滝沢コース」と「西沢コース」の場合は、標識や登山道の整備もされていないのでご注意下さい。更に、駐車スペースでの車上荒らしが多発しているとの注意喚起がなされています。もしも何かがあった場合は、最寄の支笏湖温泉にある「支笏湖駐在所」(電話:0123-25-2144)にご連絡下さい。

 それにしてもこの日は秋を強く感じる山行でした。木々の葉が色付き、既に落ちた葉が山道を賑やかに飾っていました。眼下の支笏湖は、高所の第二見晴台からよりも、低い第一見晴台からの方が広範囲に見渡せました。この支笏湖は長径13km、短径5kmのマユ型をしています。最大深度は約360mで、日本最北の不凍湖です。この湖はカルデラ湖です。つまり過去にはここに大きな火山があったのです。それが大爆発を起こして陥没し、巨大なクレーターを形成して、今ではそこに淡水が溜まっているのです。この湖を囲む「恵庭岳」、「樽前山」、「風不死岳」の三山は、後に噴出して生まれた赤ん坊の山なのです。そのために円形だった支笏湖はマユ型に変形したのです。ちなみに「恵庭岳」の西に位置するエメラルドグリーンのオコタンペ湖は、「恵庭岳」の噴出物で沢が堰き止められて出来た堰止め湖です。周囲約5km、最大深度は約20mで、標高は支笏湖より300mも高いそうです。帰りに、道道78号線(支笏湖線)沿いのオコタンペ湖に立ち寄ってみましたが、紅葉に囲まれた静かな湖に私の心は癒されました。

 ところで、この恵庭岳の西南西斜面は、1972年(昭和47年)2月3日~13日に開催された札幌オリンピックで滑降競技のコースとして使用されました。そのためにわざわざ山腹斜面の樹木が広範囲に渡り伐採されたことは、オリンピックによる自然破壊として一部から批判を浴びることになりました。当時の総事業費は7億9,400万円で、男子用が全長2,636m、女子用が全長2,108m。平均斜度は17度2分で最大斜度は37度でした。観客収容能力は7,300人で、31人乗りのゴンドラを吊るすロープウェイも設置され、1時間に400人を運ぶことが出来ました。オリンピック終了後に植林が実施されたものの、現在でも航空写真で見るとその滑降コース跡がわかる程度の回復具合です。なお、この大会において日本は地元とあって大選手団を送り込みましたが、結果はジャンプ競技のメダル3個獲得(70m級ジャンプで笠谷幸生選手が金メダル、金野昭次選手が銀メダル、青地清二選手が銅メダル)のみに留まって終わりました。この会場で使われたゴンドラの内の二台は現在、登別クマ牧場の駐車場片隅にて倉庫として第三の人生を送っているとのことです。



【自作写真:Panoramioに投稿した自作写真 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2011年10月13日】
(写真の右端をクリックすると、次の写真を見られます。中央をクリックすると大きなスライド写真で見られます。)


■追記:

 私がほぼ下山して駐車場に到着しようとするころ、ホイッスルや手を鳴らしながら降りてくる3~4名ほどの年配の男女がいました。その人たちの話によると、第二見晴台で、頂上岩塔部が崩れる音がするので見ると、そこにヒグマらしきものが取り付いていたそうです。それで慌てて降りて来たのだそうです。登山者の多い山ではありますが、ヒグマの生活圏に立ち入っていることをあらためて思い知らされました。



リンク:

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/userinfo-19924-data.html
「山行記録」
 (ヤマレコに投稿した自作山行記録です。)

http://www.env.go.jp/park/shikotsu/index.html
 環境省 「支笏洞爺国立公園」

http://www.env.go.jp/park/shikotsu/intro/files/area_1.pdf
環境省 「支笏洞爺国立公園(支笏・定山渓・登別)区域図」
(PDFファイル2.18MBです。)

http://www.env.go.jp/park/shikotsu/intro/files/area_2.pdf
環境省 「支笏洞爺国立公園(羊蹄山・洞爺湖)区域図」
(PDFファイル1.25MBです。)

http://www.la84foundation.org/6oic/OfficialReports/1972/orw1972.pdf
LA84財団コレクション「札幌オリンピック冬季大会公式報告書」
PDFファイル43.2MBです。282ページに恵庭岳滑降コースの写真があります。英仏語です。)

http://8beat.com/ropeway/eniwa.htm
札幌オリンピック時のロープウェイ「オリンピック号」
(個人サイトです。全国のロープウェイ廃線跡を探索しておられます。)

http://www15.ocn.ne.jp/~sikotuvc/
支笏湖ビジターセンター

http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/koho/koho_net/gss-blog/index.html
北海道森林管理局 「森林保護最前線!グリーン・サポート・スタッフBLOG」
 (森林保護員が発信する活動日誌です。)

http://www2.shogo.com/yoshikatsu/sangakunyusu/sangakunyu-su.htm
「北海道の山岳ニュース」
 (個人サイトです。北海道内の山岳関連のニュースをまとめておられます。)

http://www.police.pref.hokkaido.lg.jp/info/chiiki/sangaku/sangaku-top.html
北海道警察 「安全登山情報」
 (道内の山岳遭難発生状況の統計などがあります。)




関連記事
テーマ : 山登り    ジャンル : 趣味・実用
 2011_10_13




【自作動画:YouTubeに投稿した自作動画 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2011年8月4日】


 北海道の「十勝岳(とかちだけ)」に登ってきました。この山は標高2,077mの活火山で、「大雪山国立公園」に属す「十勝連峰」の主峰です。今回のコースは「十勝連峰」の中の【望岳台~十勝岳避難小屋~十勝岳~上ホロカメットク山~上富良野岳~上ホロ分岐~十勝岳温泉「湯本凌雲閣」前】でした。私は2001年にも「十勝連峰」を二回に分けて登っています。2001年7月10日には【十勝岳温泉「湯本凌雲閣」前~上ホロ分岐~富良野岳分岐~富良野岳~富良野岳分岐~三峰山~上富良野岳~上ホロカメットク山~上富良野岳~上ホロ分岐~十勝岳温泉「湯本凌雲閣」前】のコースを、2001年9月3日には【望岳台~十勝岳避難小屋~十勝岳~美瑛岳~函状の沢~雲ノ平分岐~望岳台】のコースを、それぞれ歩いています。その二回とも登山口と下山口は同一でしたが、今回は登山口が「望岳台」で下山口が「十勝岳温泉「湯本凌雲閣」前」でしたので、そこからマイカーを駐車してある「望岳台」まで戻る足が問題となりました。


【3D地図で表示:FirefoxブラウザでないとGoogleEarthプラグインがうまくインストールできないようです。】



 コースを歩き終わって「湯本凌雲閣」前に到着し、そこででタクシーを呼ぼうとしたところ、迎車だけで3,000円も取られることが判明し、急遽予定変更。「湯本凌雲閣」前から上富良野町営バス(十勝岳線)を利用することにしました。このバスは一日に3本しかなく、最終は「十勝岳温泉凌雲閣バス停」を17:27分発でした。これを逃すと「望岳台」までの約8.8kmをすべて歩くことになります。ただし、このバスを利用しても「望岳台」までは行かず、途中の吹上温泉にある白銀荘の「吹上保養センター白銀荘バス停」までの利用となります。そこからは「望岳台」までの4kmを歩きました。ただ、運賃が「十勝岳温泉凌雲閣バス停」から「吹上保養センター白銀荘バス停」までの200円で済んだので、3,000円+αのタクシー料金のことを考えれば足取りも軽かったです。到着して下山記録を記入する時の「十勝連峰」は、夕日に美しく染まっていました。それにしても今にして思えば、マイカーに自転車を積んで行って、予め「湯本凌雲閣」前の無料駐車場に自転車を置いておき、下山時にその自転車を使って「望岳台」のマイカーの所まで戻るという方法もあったかも知れません。なお、この方法の場合、逆ルートにして「望岳台」から「湯本凌雲閣」まで自転車で走るのは、きつい上り坂になってしまうので避けた方が良いでしょう。

 さて、今回登ったところ、「十勝岳避難小屋」が新しくなっていました。後で調べてみると、2006年春に強風や積雪で壁と屋根が破損し、2008年に建て替えが行なわれたようです。その先の岩場を登り進むと、コヒオドシと思われる無数の蝶が風に乗って飛んでいる様子が幻想的でした(動画参照)。「グラウンド火口」まで到着すると、火口底に10人ぐらいの作業者が見えて、GPSか地震計と思われるものを設置しているようでした。東日本大震災から約5ヶ月なので、その影響で観測を強化しているのではと思いました(動画参照)。その先、「十勝岳」頂上に到着すると、多くのアマツバメが猛烈なスピードで飛び回っていて、見ているだけで爽快な気持ちになりました(動画参照)。

 そういえば「十勝岳」の頂上には、浄土真宗の「光顔巍々(こうげんぎぎ)」と書かれた大理石柱が昭和17年から突き建てられています。「かみふらのの郷土をさぐる会機関誌」の11号14番記事によると、『昭和十二年二月二十八日西本願寺第二十三世法主大谷光照貌下が来村し三月一日十勝岳にスキー登頂され、山岳スキーを楽しまれると共に十勝岳の大自然に満足される。二日後の三月三日にも聞信寺に御立寄り光栄に浴した時に、門上浄照師は十勝岳を仏教の霊山としての開発に積年の悲願と努力を申し上げ、十勝岳山頂の霊とすべき碑に光顔巍々の文字を所望し揮毫を懇願申し上げたところ、大谷光照貌下は永年の御苦労を讃えながら御快諾をされたのです。大谷光照貌下が揮毫された書は、同年三月末に聞信寺に送付されてまいりました。その書には墨跡あざやか「光顔巍々」とありました。』とあります。我が家も仏教ですが、今にして思えば、アイヌの神の地にいかがなものかと思います。

 ところで余談ですが、「大雪山」を何と読むか悩むことがあります。「たいせつさん」「たいせつざん」「だいせつさん」「だいせつざん」…悩みます。「大雪山国立公園」は環境省(自然保護局国立公園課)の管轄で、「だいせつざんこくりつこうえん」というのが公式な読み方です。英語表記でも「Daisetsuzan National Park」となっています。ところが、国土交通省(国土地理院)では「大雪山系」を「たいせつさんけい」と公式に表記しています。二つの役所で別々の読み方をしたのが今日の混乱の原因のようです。なお、北海道のテレビ局では国立公園名のみ「だいせつざんこくりつこうえん」と読み、その他では「たいせつざん」と読むようです。



【自作写真:Panoramioに投稿した自作写真 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2011年8月4日】
(写真の右端をクリックすると、次の写真を見られます。中央をクリックすると大きなスライド写真で見られます。)



【自作写真おまけ:10年前の十勝岳避難小屋①】

【自作写真おまけ:10年前の十勝岳避難小屋②】

【自作写真おまけ:10年前の十勝岳避難小屋③】



リンク:

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/userinfo-19924-data.html
「山行記録」 (ヤマレコに投稿した自作山行記録です。)


http://www.daisetsuzan.or.jp/
大雪山国立公園連絡協議会 「大雪山国立公園」


http://www.env.go.jp/park/daisetsu/index.html
 環境省 「大雪山国立公園」


http://www.env.go.jp/park/daisetsu/intro/files/area.pdf
環境省 「大雪山国立公園 区域図」(PDFファイル2.32MBです。)


http://www.data.jma.go.jp/svd/volcam/data/volc_img.php
気象庁 「火山カメラ画像」


http://www.kamifurano.jp/nature/tccors
かみふらの十勝岳観光協会 「十勝岳」


http://www.town.kamifurano.hokkaido.jp/index.php?id=1522
上富良野町営バス路線案内


http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/koho/koho_net/gss-blog/index.html
北海道森林管理局 「森林保護最前線!グリーン・サポート・スタッフBLOG」 (森林保護員が発信する活動日誌です。)


http://www2.shogo.com/yoshikatsu/sangakunyusu/sangakunyu-su.htm
「北海道の山岳ニュース」 (個人サイトです。北海道内の山岳関連のニュースをまとめておられます。)


http://www.police.pref.hokkaido.lg.jp/info/chiiki/sangaku/sangaku-top.html
北海道警察 「安全登山情報」 (道内の山岳遭難発生状況の統計などがあります。)




関連記事
テーマ : 山登り    ジャンル : 趣味・実用
 2011_08_04



【自作動画:YouTubeに投稿した自作動画 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2011年6月1日】


 北海道の「樽前山(たるまえさん)」に登ってきました。この山は札幌から直線で南へ約42kmで支笏湖の南東に位置し、苫小牧市と千歳市にまたがる活火山です。標高は1,041mで「支笏洞爺国立公園」に属しています。「風不死岳」、「恵庭岳」とともに支笏三山の一つです。南北約1.2㎞、東西約1.5㎞の広大な火口原の中央には最大直径約450m、高さ約130mの巨大な溶岩ドームがあります。「外輪取付(東山分岐)」までは、火山灰質の斜面にさえ注意すれば危険な箇所は有りません。森林限界を超えると視界を遮る物が全く無く、広大な国有林を見下ろしながらザレ場の高度を上げて行くだけです。外輪では火山ガスと霧による迷子とに気をつければ、家族連れや初心者でも気軽に登って一周することができるお勧めの山です。今回は、東山分岐まで到達すると西からの冷たい猛烈な強風が襲い、しばらくいると凍える寒さとなりました。外輪山の一周を予定していたものの、「東山」ピークにやっと到達したところで断念して鼻水の下山となりました。




 樽前山は7合目までは車で行けます。ただし、7合目の駐車場が満車の場合は5合目ゲート(上の動画の中で一時停車したゲート)が閉まり、その手前の車道脇に邪魔にならないように駐車して、そこから登る覚悟が必要です。特に土・日・祝日は、午前中を中心に駐車場がかなり混み合うようです。なお、冬期は「道道141号線」と「市道樽前観光道路」が通行止めですので、こちらでご確認下さい。

 この登山口にある「樽前山7合目ヒュッテ」は、苫小牧市の管理です。市のホームページによると、『樽前山の良さを保ち、その良さを多くの人に知っていただく為に建てられました。通年管理人が常駐していますが、自然保護・防災・緊急避難的要素が高い施設である為、通常時の宿泊は受け付けていません。』とのことです。あくまで緊急避難小屋で、通常の宿泊は受け付けていません。なお、この登山口には水場が有りませんのでご注意下さい。トイレは駐車場奥にあります。樽前山の最高地点は溶岩ドーム上にありますが、現在は外輪山から内側の火口原への立ち入りが禁止となっており、外輪山のピークである「東山」が事実上の頂上となっています。この火山には、複数の機関による地震計・傾斜計・空振計・GPS・遠望カメラなどの観測装置が、「西山」ピークをはじめとして各所に設置されており、火山活動の常時監視・観測が行われています。



【自作動画:YouTubeに投稿した自作動画 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2011年6月1日】


 「樽前山」の帰りに支笏湖のほとりに行きました。支笏湖沿いの国道453を西進して左折し、ポロピナイ園地に駐車しました。ちなみに、この奥にはかつて「ポロピナイキャンプ場」がありましたが、平成20年度をもって廃止されています。支笏三山の中心にある支笏湖は長径13km、短径5kmのマユ型をした湖です。最大深度は約360mで、日本最北の不凍湖です。太古にはここに巨大な火山があって、それが大爆発を起こして陥没し、巨大な円形のクレーターを形成しました。そして、そこに淡水が溜まってクレーター湖が出来ました。その後、この湖を含む一直線の構造線上に「風不死岳」、「恵庭岳」、「樽前山」の順で支笏三山が生まれました。三山の中では「風不死岳」が最も古い山ということになります。円形だったクレーター湖は「風不死岳」と「恵庭岳」の誕生によってマユ型に変形し、現在の支笏湖の元になりました。余談ですが、「932m峰」は「樽前山」のピーク「東山」に対応して「北山」とも呼ばれることもありますが、実は「樽前山」より前に形成された独立した山体だそうです。



【自作写真:Panoramioに投稿した自作写真 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2011年6月1日】
(写真の右端をクリックすると、次の写真を見られます。中央をクリックすると大きなスライド写真で見られます。)



リンク:

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/userinfo-19924-data.html
「山行記録」
 (ヤマレコに投稿した自作山行記録です。)

http://www.env.go.jp/park/shikotsu/index.html
 環境省 「支笏洞爺国立公園」

http://www.env.go.jp/park/shikotsu/intro/files/area_1.pdf
環境省 「支笏洞爺国立公園(支笏・定山渓・登別)区域図」
(PDFファイル2.18MBです。)

http://www.env.go.jp/park/shikotsu/intro/files/area_2.pdf
環境省 「支笏洞爺国立公園(羊蹄山・洞爺湖)区域図」
(PDFファイル1.25MBです。)

http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/shogyokanko/kanko/spot_nature_mt.tarumae.htm
苫小牧市 「樽前山」

http://vivaweb2.bosai.go.jp/v-hazard/L_read/12tarumaesan/12taru_1m06-L.pdf
樽前山環境防災副読本 中学生版 「たるまえ山楽学」

http://www.data.jma.go.jp/svd/volcam/data/volc_img.php
気象庁 「火山カメラ画像」

http://www15.ocn.ne.jp/~sikotuvc/
支笏湖ビジターセンター

http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/koho/koho_net/gss-blog/index.html
北海道森林管理局 「森林保護最前線!グリーン・サポート・スタッフBLOG」
 (森林保護員が発信する活動日誌です。)

http://www2.shogo.com/yoshikatsu/sangakunyusu/sangakunyu-su.htm
「北海道の山岳ニュース」
 (個人サイトです。北海道内の山岳関連のニュースをまとめておられます。)

http://www.police.pref.hokkaido.lg.jp/info/chiiki/sangaku/sangaku-top.html
北海道警察 「安全登山情報」
 (道内の山岳遭難発生状況の統計などがあります。)




関連記事
テーマ : 山登り    ジャンル : 趣味・実用
 2011_06_01




10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

welcomecats7

welcomecats7
私は北海道の大きくて豊かな自然に魅せられて十数年前に移住をいたしました。性格は温和で色々なことに興味を持ちます。しかしタバコの匂いは大の苦手でございます。知らない所に出かけることが大好きで、ドライブ、観光、イベントなど色々と出掛けてまいります。温泉に入った後に美味しいものをいただいたり、家でノンビリDVDもまた良いですね。爽やかさを装いたいのにしばしばドジな展開をご披露申し上げます。生き物としてはネコが可愛くてたまりません。スポーツでは山登りが大好きです。山登りは苦労がありますが、後で心身ともにスッキリする感覚が大変心地良いのです。趣味はカメラ・スタビライザー(自作)を用いて山登りなどの動画を撮影することです。

検索フォーム

カウンター

amazon




PAGE
TOP.