amazon




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--



織田信福(明治維新後で20歳ごろ)



 一時あちらこちらで話題になった昔のイケメンの肖像写真です。この写真を始めて見た時の私の衝撃は小さくありませんでした。私は最初、渋谷の若者に着物を着せて撮影した写真を、フォトショップで古色加工して作った広告写真に違いないと思ったほどです。それにしても135年ほど昔の写真ですが、若者にとってのファッションや自信が今も昔も変わらないことが非常に興味深いです。

 この若者は織田信福という人物で、万延元年(1860)に土佐宿毛の武士の家庭に生まれました。そして成長してからは、高知城下の名医山崎立生らが立てた医学校「鼎立義塾」の門下生になりました。しかし師匠山崎立生が明治14年(1881)に病死したため、進路を失った織田信福は一時期放蕩に陥りました。その時、信福の母は先祖伝来の短刀を持ち出して自害を迫ったそうです。困惑した信福は横に座っていた山崎立生の次女竹(慶応2年(1866)生まれ)に取り成して貰おうと思ったところ、「母は私が養いますから、後の事は心配しなさるな」と意外な対応だったそうです。この返答に閉口した信福は改心発奮して明治15年(1882年)に上京し、明治18年(1885)に「歯科医術開業試験及第之証」を取得して帰郷し、歯科医院を開業しました。そして、教師として城下の小学校で教えていた竹と結婚しました。25歳ごろのことです。

 そのころ織田信福は極端な民権活動家としても動き出しました。診療室で爆弾を製造中に失敗して天井を打ち抜き大やけどをしたり、明治20年の「三大事件建白運動」では手製の爆弾をもって上京したものの、突然の保安条例によって東京から追われる身となりました。政府高官に投げつける予定だった爆弾は、帰途の船上から琵琶湖に捨てたそうです。ちなみに妻の竹も父親や夫などの影響で女権拡張運動活動家になりました。その後、織田信福は高知市議会議長、県議会議員となりました。夫婦は共にキリスト教信者で、竹は明治41年(1908)に42歳で病死、織田信福は大正15年(1926)に永眠しました。織田医院は現在も高知市で続いています。


リンク:

織田歯科医院

社会運動に生きた女性たち



amazon







スポンサーサイト
テーマ : 歴史    ジャンル : 学問・文化・芸術
 2015_12_16




【自作動画:YouTubeに投稿した自作写真 / 撮影機材:CASIO QV-100 / 撮影日:2003年ごろ】


 かつて東京・お台場の「船の科学館」で行われた「北朝鮮工作船 一般公開」へ行って撮った写真を、少し編集してみました。この船は2001年12月22日に、九州南西の日本領海内で不審船として巡視船から停船命令を出されました。しかしその命令に従わずに逃走を続け、最後には巡視船に対して自動小銃や対戦車擲弾による攻撃を仕掛けて来ました。巡視船は止むを得ず、正当防衛のための20mm機関砲の射撃を行いました。なお、巡視船が発射した機関砲弾には炸薬を充填した榴弾は使用されず、曳光弾が使用されたそうです。この直後の22日夜、この不審船は約10名の工作員達もろとも自爆して沈没しました。この事件は「九州南西海域工作船事件」と名づけられています。



【参考動画:「九州南西海域工作船事件」をYouTubeより1点拝借】


 この船は逃走途中に何かの荷物を海中投棄する様子が巡視船側に撮影されていました。いったい何を投棄していたのでしょうか。禁輸対象の精密機器でしょうか、日本の暴力団に渡す覚せい剤でしょうか、もしかすると拉致被害者とか、いずれにしても知られては困るものだったはずです。この写真は、その船が9ヵ月後に引き揚げられて「船の科学館」に運ばれ、一般公開された時に撮った写真です(2003年ごろ)。船尾近くには鎮魂花が置かれ、「九州南西海域で沈んだ朝鮮民主主義人民共和国の若者たちに捧げる」と書かれていました。たとえ敵であっても、亡くなった人を思いやる日本人の心を私は感じました。

 この船は漁船を装っていますが強力なエンジンを搭載していて、通常の漁船の10倍の馬力と2倍の速力が出せたそうです。船尾は観音開きになっていて、船内には速力約50ノット(約93km/h)の小型舟艇、そして小型舟艇から発進する水中スクーター、RPG-7対戦車擲弾発射器、82mm無反動砲、AKS-74自動小銃、その他の携行火器、日本製の携帯電話、鹿児島県枕崎市沿岸の詳細地図、金日成バッジ等が見つかっています。また、後部甲板にはZPU-2二連装14.5mm対空機関銃が出し入れ出来るようになっていました。

 日本はスパイ天国と言われる事がありますが、実際、過去に多くの不審船が目撃されていた事から、北朝鮮などの相当数の工作員達が国内に潜伏していると想像されます。これはとても恐ろしい事だと思います。行動を予想出来ない暴力的な国が近隣にある現実に、日本という国を護るためには強い軍事力が絶対不可欠だと感じました。現在この船体は、神奈川の「横浜赤レンガ倉庫」の北方にある「海上保安資料館横浜館(工作船展示館)」で見る事が出来るそうです。なお、海難人身事故遭遇・目撃、油の排出等の目撃、不審船を発見、密航・密輸の情報など、海上における事件や事故の緊急通報用電話番号として「118番」が用意されていることを覚えておきましょう。


リンク:

http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/books/report2003/special01/01_01.html
海上保安庁 「九州南西海域における工作船事件について」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E5%8D%97%E8%A5%BF%E6%B5%B7%E5%9F%9F%E5%B7%A5%E4%BD%9C%E8%88%B9%E4%BA%8B%E4%BB%B6
ウィキペディア 「九州南西海域工作船事件」

http://www.asiapress.org/apnnk/
「アジアプレス・ネットワーク」
(北朝鮮内部の協力者からの情報が豊富です。基本的に有料購読ですが、鍵のマークが無い記事は無料です。)



amazon




 2015_03_08



長州奇兵隊の隊士(懐中時計!)


長州奇兵隊の隊士(結成は文久3年/1863年)


幕府軍の士官と兵士(後ろに烏帽子の人!)


薩摩藩兵(洋傘にボーダー柄くつ下)


薩摩軍将校


薩摩藩兵(チェック柄のシャツ!)


ビールを注ぐ兄と受ける弟(立石斧次郎)


上野彦馬によるマスケットと刀を持つ侍


幕府歩兵の調練風景(大坂城内・慶応元年 / 1865年)


幕府陸軍(1866年)


渋沢栄一(パリ万博使節団の随行員として出発する直前・慶応2年 / 1866年)


渋沢栄一(ヨーロッパ滞在中で、上の写真の一年後・慶応3年 / 1867年)


スラミルフ軍曹指導による長崎オランダ公使館護衛兵の訓練(文久3年 / 1863年)


長崎オランダ公使館護衛兵


幕府税関官吏


警視隊


熊本鎮台の指揮官及び幕僚


官軍各旅団の指揮官



 幕末維新が、戦装束についても大変革期であったことは知識として分かっていますが、実際に写真で見ていると、改めてその変化の大きさを再認識させられます。装備の軽装化が進み、さすがに甲冑姿は見当たりません。しかし、シャツ、ズボン、髷、ピストル、わらじ、笠、ジャケット、着物、コート、草履、小銃、ハット、ベルト、陣羽織、靴下、日本刀、革靴、烏帽子、懐中時計、ブーツ、袴…見事に混在しています。何とも言えない独特の味が醸し出されていて、ぐっと来るものがあります。

 この写真に写っている人達は過去の中へと既に消え去った人々ですが、その時代の変化を強烈に感じたのは間違いなく彼ら自身であったはずです。我々が生きる日本社会が、当時から現代まで不連続で続く、同じ場所に位置する同じ国家であることを強く意識させられました。やはり私は日本人だったのです。


リンク:

ウィキペディア(奇兵隊)

BS歴史館 予習 奇兵隊について

高杉晋作像-大歳神社

維新の嵐1999-諸隊

ウィキペディア(戊辰戦争)

官軍のお先棒をかついだ男たち

ウィキペディア(幕府陸軍)

さざれ石-渋沢栄一

ウィキペディア(西南戦争)

南蛮館-トーマス・グラバー



amazon








テーマ : 歴史    ジャンル : 学問・文化・芸術
 2014_03_31



金属トラス鉄道橋


お茶計量作業場と雪の反射光


鳥を仕留めたタジクの老人


牧草の収穫


 とても100年以上前の写真とは思えないこれらのカラー写真が、私は好きです。セルゲイ・ミハイロヴィチ・プロクディン-ゴルスキー(1863-1944)は、革命前の帝政ロシアの様子を三枚のカラーフィルターを使って撮影していました。そして、これを処理すると1枚のカラー画像が得られたのです。中世の教会から新興産業機械、多様な人々の日常生活が、今その場に居るような空気感を伴ってリアルに記録されていたのです。この写真に写っている殆どの物や人は、我々が生まれる時には既に過去に消えていたものだったのです。記録とは…凄いものです。


リンク:

http://www.loc.gov/exhibits/empire/index.html
The Prokudin-Gorskii Photographic Record Recreated: The Empire That Was Russia
(米国議会図書館(原文))



amazon






テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真
 2013_07_08




06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

welcomecats7

welcomecats7
私は大きくて豊かな自然に憧れまして十数年前に北海道に移住致しました。好きなスポーツは山登りでございます。体内から悪いものが出て心身ともにスッキリする感じが大変心地良いのでございます。 趣味である写真はカメラ・スタビライザー(自作)を用いて撮影しました北海道の山登りの動画がメインでございます。私はこの北海道の豊かな自然がいつまでも大切に守られて行くことを強く願っております。

検索フォーム

カウンター

amazon




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。