amazon




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--



【自作動画:YouTubeに投稿した自作動画1点 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2014年9月20日】


 札幌市にあるJR北海道・苗穂工場へ、9月20日に行われた一般公開イベントを見に行って来ました。この工場は函館本線の苗穂駅の北側に位置し、敷地面積は東京ドームの約4倍あります。資料によると、この工場は明治42年12月に北海道地区の鉄道車両を検査・修理する機関として誕生しました。業務は蒸気機関車から電車に至る全ての鉄道車両の検査修繕・改造及び新製で、お客様に喜ばれる快適な車両を提供する総合工場として、北海道の風土にあった技術開発・車両開発にも努めているそうです。

 私も子供の頃に9ミリゲージ(Nゲージ)の鉄道模型を集めて遊んでいた方ですが、鉄道に関して知っていることは殆ど有りません。今回は、普段絶対に見る事が出来ない車両工場の中を見る事が出来るということで、興味津々でした。そして例えば、「RED BEAR」の愛称で親しまれるDF200形式の機関車が、ディーゼル機関車ではない事を学びました。この機関車は実際には「電気式ディーゼル機関車」と呼ばれ、ディーゼルで発電した電力によりモーターを駆動して走る方式だそうです。また、この機関車は同形式が九州でも走っているそうですが、赤色と灰色でカラーリングされて「RED BEAR」のロゴが入っている車体はいかにも北海道にふさわしい力強い姿で、私はとても好きです。

 この日は良い天気でしたが、午後に突然雷雨になったので、その時間は工場内にある「鉄道技術館」で展示物の見学をして過ごしました。この日は、DF200形式機関車の車体上げと台車組込作業、トラバーサーと呼ばれる装置による車両移動作業、車軸プレスと車輪削正作業、エンジン馬力試験、蒸気機関車C62の牽引運転、膨大な数の装置や部品の維持管理保全作業、レール溶接作業など、未知の世界を知ることが出来てとても楽しい一日になりました。


【自作写真:Panoramioに投稿した自作写真 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2014年9月20日】
(写真の右端をクリックすると、次の写真を見られます。中央をクリックすると大きなスライド写真で見られます。)



リンク:

http://www3.tky.3web.ne.jp/~jrnaebo/
JR北海道 苗穂工場



amazon





スポンサーサイト
テーマ : 国内旅行    ジャンル : 旅行
 2014_09_20




【自作動画:YouTubeに投稿した自作動画2点 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2011年1月2日】


 ここは北海道の札幌にある「モエレ沼公園」です。この公園は日系アメリカ人の現代彫刻家「イサム・ノグチ」が基本設計に関わり、『公園を一つの彫刻にする』という構想のもとに完成されました。広さは188.8ヘクタールで、都市の中の公園としては優れた自然環境と建築美の融合を楽しめます。四季折々の楽しみが有り、市民の憩いの場となっている、私もお気に入りの公園です。園内はけっこう広いので、レンタサイクルの貸し出しも行われています。地図で見てみると、「モエレ沼公園」は「モエレ沼」という名の「三日月湖」に囲まれているのが分かります。この「三日月湖」は、大昔の豊平川あるいは石狩川の旧流路の蛇行が変化し、取り残されてしまった痕跡だそうです。この中にモエレ沼公園は造られました。

 上の動画は、1月2日の冬の様子です。「モエレ山」の頂上とガラスのピラミッドの横から撮影してみました。「モエレ山」は人工の山で、頂上からは360°札幌の町を一望する事ができます。この日は時々雪が舞う中、クロスカントリースキーの練習をする人やソリで遊ぶ親子連れなどが、穏やかな正月休みを楽しんでいました。




【自作動画:YouTubeに投稿した自作動画1点 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2011年6月6日】


 上の動画は春の様子です。冬の間休止されていた「海の噴水」と呼ばれる大掛かりな噴水が、ダイナミックな動きで生命の誕生と宇宙を表現していました。この噴水は、夜になると綺麗にライトアップされて、日中とは違った趣があります。この日は天気が良く、親子連れなどが春のひと時を楽しんでいました。ちなみに、この日は風がとても強くて、「モエレ山」の頂上に生じる上昇気流を利用して、猛禽類のトビ達が滑空していました。頂上に立つと、5mほどまで近づいて来ての静止滑空は、実に観察に持って来いでした。




【自作動画:YouTubeに投稿した自作動画1点 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2011年9月1日】


 上の動画は秋の様子です。私はこの公園に何度も来ているのですが、どういう訳かいつもガラスのピラミッドの休館日で、中に入ってみることが出来ずにいました。しかしこの日は初めて中に入ることが出来ました。中は広い温室のようですが、暑いかと思うと意外とそうでもありませんでした。ガラスが特徴のこのピラミッドは、エレベーターまでがガラス張りになっていました。このピラミッドは「HIDAMARI」という名前の全天候型多目的施設で、会議、展示会、ギャラリー、コンサート、結婚式など色々なイベントに利用されています。ここにはレストランやショップもあり、公園の拠点になる施設です。屋上へ上がってみると、札幌の爽やかな夕日を眺めることが出来ました。ちなみに、この施設では冬に降った雪を断熱倉庫に保管しておいて、7~8月の盛夏時にその雪で冷やした水を冷房に利用することで、地球環境への負荷を減らしているそうです。この日は、「海の噴水」の夕方18時30分からのプログラムも見てみました。かねてから見たいと思っていたライトアップされた大きい噴水を見ることができて、心地よい初秋の夕暮れのひと時を楽しむことが出来ました。







【自作写真:Panoramioに投稿した自作写真 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2011年1月2日~9月1日】
(写真の右端をクリックすると、次の写真を見られます。中央をクリックすると大きなスライド写真で見られます。)


リンク:

http://www.sapporo-park.or.jp/moere/
モエレ沼公園 (オフィシャルサイト)

http://www.sapporo-park.or.jp/blog_moere2/
モエレ沼公園 (公式ブログ)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B5%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%82%B0%E3%83%81
ウィキペディア 「イサム・ノグチ」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%82%A8%E3%83%AC%E6%B2%BC
ウィキペディア 「モエレ沼」


amazon








テーマ : 国内旅行    ジャンル : 旅行
 2014_08_14



【自作動画:YouTubeに投稿した自作動画1点 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2013年2月7日】


 これは北海道の然別湖で毎年行われる冬のイベント、「しかりべつ湖コタン」の様子です。コタンとはアイヌ語で「村」を意味します。然別湖は十勝の鹿追町北部、上士幌町との町界にあり、「大雪山国立公園」に属する静かな湖です。この湖は標高810m、周囲13.8km、最大深度108mあり、冬の間は80cm~100cm程の厚さで全面結氷します(2003年)。このイベントは、南西側湖畔にある2軒の温泉ホテル前の湖上で毎年行われます。アイスバー・氷上露天風呂・アイスシアター・アイスロッジ・アイスチャペル・アイス迷路など、氷や雪を建築材料としてボランティアとスタッフの手により製作されています。ここは、クロスカントリースキー・スノーモービル・アイスコンサート・アイスロッジ宿泊体験なども含めて、子供から大人まで楽しむことが出来る世界になります。ちなみに、夜の氷上露天風呂に入りながら見る星々もまた格別です。氷上露天風呂は、混浴が6:30~18:00、男性専用が18:00~20:00、女性専用が20:00~22:00となっています(2013年)。






 然別湖は、夏にはカヌー、カヤック、キャンプ、エゾナキウサギが生息する東雲湖(しののめこ)までのトレッキング、通称「くちびる山」と呼ばれる「天望山」(1,173m)の軽登山、ネイチャーウォッチングなど、色々なアウトドアを楽しめる自然豊かな良い所です。釣りに関しては、期間と人数を限定してキャッチアンドリリース方式でのミヤベイワナ釣りが出来ます。なお、「天望山」が「くちびる山」と呼ばれる理由は、温泉ホテルが在る所から眺めると上唇の形をしており、湖面に映った部分と合わせて見事な「くちびる」に見えるからです。



【自作写真:Panoramioに投稿した自作写真 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2013年2月7日】
(写真の右端をクリックすると、次の写真を見られます。中央をクリックすると大きなスライド写真で見られます。)



リンク:

https://www.facebook.com/SkyLakeShikaribetsu
Facebook 「然別湖ネイチャーセンター」

http://www.shikaribetsu.com/
NPO法人 北海道ツーリズム協会 「Great Fishing in LAKE SHIKARIBETSU」



amazon






テーマ : 国内旅行    ジャンル : 旅行
 2013_02_07



【自作動画:YouTubeに投稿した自作動画1点 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2012年6月30日】


 北海道の千歳市にある陸上自衛隊・北千歳駐屯地で行われた「第1特科団創隊・北千歳駐屯地開庁60周年記念行事」へ行ってきました。朝の8時半から基地が一般に開放され、快晴の中、大勢の市民が訪れていました。隊員手作りの模擬店、装備品展示、観閲式、訓練展示、子供広場などが実施され、大いに賑わいました。また、特別に航空自衛隊からも、第3高射群のペトリオット発射機(民間で言うパトリオット)が出張展示されていました。訓練展示での203mm自走榴弾砲の空砲は、驚くほど大きく鋭い音でしたが、隊員の話によると実弾では更に大きな音だとのことでした。なお、私にとっての今回の目玉は90式戦車の体験試乗で、履帯(りたい:俗に言うキャタピラ)の接地面にゴムパッドは未装着でしたが、平滑な道を走行したためか快適な乗り心地でした。

 ところで観測ヘリコプターをNikon D90で動画撮影(Dムービー)したところ、ローターが静止しているようになってしまいました。ローターの回転と動画撮影との位相(周期)が合ってしまったようです。奇妙な映像ですが、そのままアップさせていただきました。それにしても、この日は本当に良い天気で、洗車焼けならぬ戦車焼けをしてしまいました。



【自作写真:Panoramioに投稿した自作写真 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2012年6月30日】
(写真の右端をクリックすると、次の写真を見られます。中央をクリックすると大きなスライド写真で見られます。)



リンク:

http://www.mod.go.jp/gsdf/nae/1ab/event/event.html
第1特科団 「イベント」

http://www.mod.go.jp/gsdf/equipment/index.html
陸上自衛隊 「装備」

http://www.mod.go.jp/asdf/equipment/other/Patriot/
航空自衛隊 「ペトリオット」

http://www003.upp.so-net.ne.jp/rightwing/
Rightwing
(個人サイトです。自衛隊装備品や基地祭り情報などを紹介しておられます。)



amazon





テーマ : 国内旅行    ジャンル : 旅行
 2012_06_30




07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

welcomecats7

welcomecats7
私は大きくて豊かな自然に憧れまして十数年前に北海道に移住致しました。好きなスポーツは山登りでございます。体内から悪いものが出て心身ともにスッキリする感じが大変心地良いのでございます。 趣味である写真はカメラ・スタビライザー(自作)を用いて撮影しました北海道の山登りの動画がメインでございます。私はこの北海道の豊かな自然がいつまでも大切に守られて行くことを強く願っております。

検索フォーム

カウンター

amazon




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。