amazon



スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--




【自作動画:YouTubeに投稿した自作動画 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2012年5月28日】


 北海道の「無意根山」に「薄別(うすべつ)コース」から登ってきました。この山は札幌市南区と京極町の境界に位置しており、山頂と「大蛇ヶ原(おろちがはら)湿原」は、支笏洞爺国立公園の支笏・定山渓・登別地域に組み込まれています。また、林野庁独自の植物群落保護林制度の指定を受けて、北海道森林管理局は無意根山国有林の「大蛇ヶ原湿原」を中心にした約664haを「無意根周辺植物群落保護林」として大切に管理しています。




 登山口へ行くために国道230号線の薄別から宝来沢林道に入ります。100m程進んだ所に車を駐車し、そこから5km程を歩いた所にある「宝来小屋」という小さなログ小屋で登山者名簿に記入します。以前はここまで車で来ることが出来ましたが、現在は歩いて来ることが求められています。ここが「無意根山」登山口となります。この登山口から1.5km程進むと「大蛇ヶ原湿原」があります。ここはエゾマツ林に囲まれた広さ8ha程の小規模な湿原です。初夏には一面に広がるワタスゲのほか、チングルマ、エゾカンゾウなどの開花が見られるそうです。この日はまだ残雪が覆い、見るべきのもは有りませんでした。

 更に進むと「無意根尻小屋」という山小屋がありますが、ここは戦前の昭和6年に北大の大野清七スキー部長が建設した築80年近い建物です。現在は北海道大学・山スキー部が管理を担当する建物で、とてもおいしい湧水の原始水道が飲めます。通年利用可能ですが、宿泊利用は小屋番が入る土・日に可能で予約が必要となります。(北海道大学サ-クル会館 011-706-7456 で予約し、利用予定日の3日前までに高等教育機能開発総合センター2番窓口で使用料金を支払う)。なお、休憩だけなら予約は不要です。余談ですが、「元山コース」の方には「無意根山荘」という所がありましたが、そこは2006年に取り壊されて今は存在していません(2006年9月7日解体着工・内部仕上解体、11~12日上屋解体、13~15日基礎解体、16日整地)。

 さて、「無意根尻小屋」から先は、出尾根の北壁をテラスまで登ることになります。私は「無意根山」に登るのは今回が初めてで、しかも当日は残雪で管理歩道が覆われ、ピンクテープもまばらでコースを見失いました。ロープも梯子も無い、本来のコースとは明らかに違う急な雪渓をテラス上まで這い上がることになりました。途中、3メートルほど滑落したときは死ぬかと思いました。あまり使い物にはならないだろうと思いつつ買っておいた韓国製の6本爪アイゼンが、少しは役に立ったかもしれません。テラス直下まで近づくと斜度は50度ほどになり、登るのに必死で撮影どころでは有りませんでした。

 何とか這い上がりテラスを過ぎて頂上稜線まで到達し、長いハイマツのトンネルを南へ進むと、左に古くて小さい祠(ほこら)を見かけます。これは石造りで鉄の扉は錆び、屋根にはいたずら書きがされていました。この辺りの稜線が「無意根山」の現在の山頂・最高地点(標高1464m)ですが、ハイマツで景色は見えません。ここからしばらく進むと岩場になり、三角点と「無意根山」標識のある旧山頂(標高1460.2m)になります。なお、更に踏み跡を南へ進むとケルンがありますが、そこは旧山頂ではありません。

 この日は陽射しがあったものの、なぜか目前に展望できるはずの「羊蹄山」はガスに覆われていて、輪郭さえはっきりしない残念な景色でした。下山時には又しても道を失い、プチ遭難。やっと到達したのが「大蛇ヶ原湿原」の南側で、残雪期で四方八方に踏み跡が走る初めての山に入るリスクを再認識しました。なお、今回の山行を通して印象に残ったのは、この地域のミズバショウの多さと大きさでした。この山は夏ばかりでなく、冬もスキーで人気で、雪質とスロープの雄大さが札幌近郊では最高だそうです。



【自作写真:Panoramioに投稿した自作写真 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2012年5月28日】
(写真の右端をクリックすると、次の写真を見られます。中央をクリックすると大きなスライド写真で見られます。)


■追記:

 ゼンリンの「いつもNAVI」、Yahooマップ、Googleマップ、Mapionなどに出ている「宝来小屋」の位置は間違っています。国土地理院の「ウォッちず」に出ている宝来小屋の位置が正しいので、位置情報を使う方は気をつけてください(2012.6.14現在)。



リンク:

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/userinfo-19924-data.html
「山行記録」
 (ヤマレコに投稿した自作山行記録です。)

http://www.env.go.jp/park/shikotsu/index.html
 環境省 「支笏洞爺国立公園」

http://www.env.go.jp/park/shikotsu/intro/files/area_1.pdf
環境省 「支笏洞爺国立公園(支笏・定山渓・登別)区域図」
(pdfファイルです。)

http://www.env.go.jp/park/shikotsu/intro/files/area_2.pdf
環境省 「支笏洞爺国立公園(羊蹄山・洞爺湖)区域図」
(pdfファイルです。)

http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/koho/koho_net/gss-blog/index.html
北海道森林管理局 「森林保護最前線!グリーン・サポート・スタッフBLOG」
 (森林保護員が発信する活動日誌です。)

http://www2.shogo.com/yoshikatsu/sangakunyusu/sangakunyu-su.htm
「北海道の山岳ニュース」
 (個人サイトです。北海道内の山岳関連のニュースをまとめておられます。)

http://www.police.pref.hokkaido.lg.jp/info/chiiki/sangaku/sangaku-top.html
北海道警察 「安全登山情報」
 (道内の山岳遭難発生状況の統計などがあります。)



関連記事

テーマ : 山登り    ジャンル : 趣味・実用
 2012_05_28


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

welcomecats7

welcomecats7
私は大きくて豊かな自然に憧れまして十数年前に北海道に移住致しました。好きなスポーツは山登りでございます。体内から悪いものが出て心身ともにスッキリする感じが大変心地良いのでございます。 趣味である写真はカメラ・スタビライザー(自作)を用いて撮影しました北海道の山登りの動画がメインでございます。私はこの北海道の豊かな自然がいつまでも大切に守られて行くことを強く願っております。

検索フォーム

カウンター

amazon




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。