amazon



スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


東日本大震災


再生リスト動画:東日本大震災の動画をYouTubeより数十点拝借し、まとめたもの】


 2011年3月11日に発生した「2011年東北地方太平洋沖地震」(震災名:東日本大震災)は衝撃的な出来事でした。その時私は、札幌中心部のビルの5階にいました。かつて全く経験したことの無い長い時間の揺れでしたが、東北地方の太平洋が震源だと聞き、現地が相当な被害であることは間違いないと確信しました。





 地震よりも、その後の津波によってあまりにも多くの人が亡くなってしまいました。警察庁によると、死者の92.5%が水死であることが明らかになりました。殆どの人は津波の本当の恐ろしさを知らなかったと思います。そして甘く見ていた為に命を落とした人が相当数いたに違いないと思います。地震後に高台に避難したものの、到達した第1波が大したことが無かったために、自宅や職場に戻った人がかなりいたようです。まさかその後にやってくる第2波がビルの3階にまで到達するような津波になろうとは…果たしてどれほどの人が想像出来たでしょう。津波は建築物などを破壊して部材を巻き込みながら進みました。巻き込まれた人はそれらに邪魔されて浮き上がることが出来ず、まるでミキサーに入れられたように傷つき、衣服をはがされ、体を引き裂かれたようです。

 警察庁によりますと、今回の大震災において平成23年5月10日時点で死亡が確認された人は、宮城県で8941人、岩手県で4400人、福島県で1544人、青森県で3人、山形県で2人、茨城県で23人、千葉県で19人、東京都で7人、栃木県と神奈川県でそれぞれ4人、群馬県で1人、北海道で1人となっています、これまでに死亡が確認された人は合わせて1万4949人に上っています。このうち、およそ85%に当たる人は、身元の確認が終わり、順次、家族などに遺体が引き渡されているということです。また、警察に家族などから届け出があった行方不明者は合わせて9880人で、負傷した人は4792人となっています。沿岸部の自治体の中には、津波で壊滅的な被害を受け、行方不明者の人数を把握出来ていない所もあるほか、避難指示の対象となっている福島第一原子力発電所から半径20キロの地域では捜索活動が難航しています。また、一家全滅で届出が無いケースもあると思われ、震災の犠牲者の数はさらに増えるおそれがあります。

 亡くなられた方の内、まだ多くの人が老若男女を問わず身元不明のままです。平成23年4月6日時点の宮城県警察管内の身元不明者の特徴や所持品の一覧を見ると、「犬のストラップ付き携帯電話、診察券、腰痛ベルト、結婚指輪、大人用オムツ、アディダスブーツ、ベビー服、花柄スカーフ、お守り、点眼薬、赤ちゃん背負い紐、ちゃんちゃんこ、赤と紫のカーデガン、手製の腰巻、メモ、補聴器、イルカの指輪、薬、サロンパス、アニメ腕時計、人工肛門、ラコステのハイネック、水色カーデガン、めがね、ベージュマフラー、ことわざ辞典…」などと書かれています。それぞれが個性を持ち、人生を懸命に生き、他人を思いやり、家族を愛し、社会に参加して貢献していた人たち…。その一人一人に、最後の瞬間のドラマがあったはずです。

 巨大津波の中で生死を分けたのは、ごくわずかな運の違いだけだったことでしょう。南三陸町では、庁舎二階から最後まで避難を呼びかけていた若い女性職員ご本人も亡くなっているそうです。上の動画では、高台に上がれない車椅子の介護老人と、それを駆け寄って助けようとした人が、共に濁流に飲まれてしまいました。私はこれを見て、胸が締め付けられるような思いと、何も出来なくて本当に申し訳なかった気持ちでいっぱいです。人は思いもよらず簡単に死んでしまうものなのだと知り、悲しくなりました。亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 その後も多くの余震が続き、まだまだ一連の地震が終わっていないことを実感します。100人以上の震災孤児も生じ、被災地の方たちのご苦衷ご心労を思うと心が痛みます。


■余談:

 最後に、なぜかホッとさせてくれる動画です。解決しなければならない問題は福島第一原子力発電所事故を含めて山積ですが、やはり前に進むしかないみたいですね。日本の数千年の歴史の中で、先祖たちは代々、同様の災害から何度も立ち直ってきたのですから。それが日本に住む日本人というものなのでしょうね。


【参考動画:津波で生き残ったネコ君の動画をYouTubeより1点拝借 (作者サイトはこちら)】



リンク:

http://www.japanquakemap.com/?lang=jp
日本の地震の地図
(※東北地方太平洋沖地震の一連の予震、本震、余震を地図上において視覚的に時系列で理解出来ます。円のサイズがマグニチュードを、色が震源の深さを示しています。早送りでも見られます。 / Paul Nicholls of the University of Canterbury's Digital Media Group (Christchurch, New Zealand))

http://www.police.pref.miyagi.jp/hp/jishin/itai/mimotofumei/mimotofumei.html
宮城県警察 「氏名の推測ができない(身元不明)犠牲者の方々の一覧」
(※犠牲者の着衣等の画像を確認できます。)

http://d.hatena.ne.jp/oxon/20110324/1300954573
宇宙線実験の覚え書き
 (※個人サイトです。福島第一原子力発電所事故による放射性物質の拡散データについて考察しておられます。)



amazon








関連記事

テーマ : 地震・天災・自然災害    ジャンル : ニュース
 2011_04_01


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

welcomecats7

welcomecats7
私は豊かで大きな自然に憧れまして十数年前に北海道へ移住致しました。好きなスポーツは、体内から悪いものが排出されて心身共にスッキリする感覚が気に入ってございます山登りでございます。趣味はカメラ・スタビライザー(移動撮影時の振動を抑えるシステムで、俗にステディカムとも申します)を用いた山登りのムービー撮影でございます。私はこの北海道の豊かな自然がいつまでも大切に守られて行くことを強く願ってございます。

検索フォーム

カウンター

amazon




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。